AT車68,000kmエンジン入手

 スエフトさん、30万キロを超えて、いよいよ今後の身の振り方を真面目に考える時が来ました✋
 想定したプランは以下の通りw
 1)新車に箱替え:スエフトさんに代わる通勤快速車は見当たらないので無し。
 2)中古車に箱替え:ZC32SのMT車が100万くらいで買えたらアリでしたが、乗り出し150万超えもザラなので無し。
 3)30万キロエンジンOH:オーバーホールはベースが大事です。そのベースがここまで過走行だとコストかかり過ぎ?

 ということで、最終判断は「4)低走行の中古エンジンに載せ替え」ということに決定しました(^^)/
 中古エンジンと言っても、低走行なら何でもいいというわけではなく、「ZC31S最終@2型のAT車エンジン」という条件で探してもらいました。
 このAT車というところがポイントです。AT車ならオーバーレブも無いし、AT車で峠やサーキット行くオーナーは珍しいだろうし、恐らく程度は良いだろうという読みです👍
 ZC31Sも2010年に絶版車になって早10年が経過していますから💦 なかなか低走行車も珍しくなってきているようで、直ぐには見つからなかったのですが、なんとか68,000kmのエンジンが見つかりました✋

 中古エンジンもいわゆる早い者勝ち!
 当然程度のいい物から無くなっていくわけで、手を付けるなら早いに越したことはありません。
 それに、30万キロエンジンは、予想できないトラブルを抱えているリスクは大いにありますので、心の不安を取り除くためにも早い方がいいね(^^)/

Swift Sport

Posted by sue103